ロングライフプランニング

女性によくあるお悩み

  • 年齢的に遅いかな…
  • 派遣社員でもローン組めるの?
  • 将来的に結婚、出産でライフスタイルが変わるかも…
  • 貯金が少なめだけど大丈夫かな…?
  • 男性営業マンが苦手

など、私達女性がマンションを買う時にはライフスタイルの変化や今後の人生設計を考えると悩みがつきません。
今まで何百人と不動産の購入のお手伝いをしてきた私達だからこそできるアドバイスがあります。
いろいろな事例も聞きながら「自分はマンションを購入すべき?」を一緒に考えてみませんか?

ロングライフプランニング無料相談を受けた皆さんのお声

AMさん26歳 派遣社員で年収少ない、歳も若い、貯金もない、、、私にはマンション購入は無理かなと思っていました。
今借りているマンションの家賃が上がることがきっかけで思い切って相談してみました。
相談してみて思ったのは、賃貸で借り続けても結局自分のものになるわけではないので、やっぱり自分のマンションを買いたい!
そして結婚して新しく家を探す時にはその家を売って、自己資金を用意してもっと広い家を買えることも魅力だと思いました。
経済意識の共通した男性にそのうち出会えたらなと思います。
TTさん35歳 今はバリバリ仕事をできているから安定した収入は得られているけど、この先どうなるかもわからない。
私より仕事のできない男性が私より昇進していくことを何度も見てきて、収入を会社にだけ頼るのはやめようと考え、不動産投資を考え始めました。
相談前は、不動産を買うというと一生に一度の買い物という認識でしたが、相談してみて考えが変わりました。
まずは自分の住む家を買って、数年後その家を賃貸に出して、家賃収入を得ながら貯金感覚で保有物件を増やしていきたいです。私達がリタイアした後には今の年金制度が残っているとは思っていないので、自己防衛としての不動産投資はピッタリだと思いました。
まだ今の自分に合った物件には出会えてないけど、じっくりこれから探したいと思います。
KMさん40歳 子供たちの親は私しかいないから、将来子供たちが帰ってこれる場所という意味で、賃貸ではなく、購入を考え始めています。
相談してみて、私がしてあげられることの一つとして不動産購入はとても大事なことだと再認識しました。
毎月の家計は今でも厳しいけれど、今払っている家賃と同じくらいで将来も住み続けられるのは大きいと思っています。
また相談させてください。
UAさん55歳 私は仕事柄日々介護利用者さんの自宅へ訪問するのですが、
もし自分が天国に行くとき、賃貸住宅の場合大家さんに迷惑をかけてしまうなと考えていました。
頭金はありますが、今ならまだローンは組める!ということが分かったので、
自分の終の棲家として最高の物件に出会えるように探していきたいと思います。