女性がマンション購入を検討する目的は?メリットやデメリットもご紹介!

最終更新日:2022年03月30日

目次

    女性がマンションの購入を検討するメリットや目的

    現在ではマンションを購入しようと考える女性は少なくありません。女性がマンションの購入を検討する理由としてはどのようなものがあるでしょうか。

    セキュリティの万全な物件に住むため

    女性がマンション購入を考える理由として、マンションは生活するうえでの安全面で優れていることが挙げられます。マンションは他の多くの戸建てやアパートの物件よりも防犯面で優れていることが多く、女性でも安心して暮らせる物件が多いです。 また防犯カメラなどの設備が充実しているだけでなく、物件によってはフロントに管理者が常住していることもあり安心感があります。2階以上の物件であれば侵入される危険性も低く、より安心して生活できます。

    職場までの交通の便を求めるため

    交通アクセスが良くなることも、女性がマンションで暮らすメリットの一つとして挙げられます。立地が良く駅から近い場所にある物件が多く、マンションに住んでいることで通勤がしやすくなります。 働いている女性であれば毎日通勤する必要がありますが、近くに駅などがなく交通アクセスの悪い物件で暮らすのは非常に不便です。その点、マンションであれば近くの駅を利用しやすく、毎日の通勤の手間を減らすことができます。

    日常生活をより快適に過ごすため

    マンションを購入して住むことで、さまざまな面において日常生活をより快適にすることができます。 購入した物件であれば、室内を自分の希望通りに改装することもできるので、部屋のレイアウトなども自分の都合の良いように変更できます。もちろん家具や設備の配置も思い通りにできるので、理想的な環境の中で毎日生活することができます。 特にキッチンは自分がもっとも使いやすい形にしておくことで、スムーズに料理をすることができて快適な生活を送れます。

    投資商品として資産価値を上げるため

    マンションを購入している女性の中には、投資目的の方も少なくありません。資産価値が上がってからマンションを売却することで、購入時との差額分の利益を得ることができます。 現在ではマンションは不動産の中でも人気の物件であり、価値の出そうなものをあらかじめ購入しておくことで大きな利益を出せる可能性は十分にあるでしょう。そのまま自分で暮らすこともできるマンションは、何か資産を持っておきたいと考える女性にとても人気があります。

    独身生活の住処を作るため

    独身生活の住処を手に入れるという理由でマンションを購入する女性も少なくありません。 結婚をせず生涯独身で過ごすことを決め、より豊かで快適な生活を送るためにマンションを購入するという女性も一定数います。マンションを自分で購入しておくことで、一人で生活するのに理想的な環境を整えることができます。 賃貸物件とは違い、内装なども思い通りに変えられる点は購入したマンションの魅力と言えるでしょう。

    女性がマンションを購入するデメリットや後悔する理由

    近年ではマンション購入を考える女性が多いですが、実際にはマンションを購入して失敗したと思っている女性もいるようです。女性がマンションを購入して後悔する理由やデメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか。

    費用がかかる

    当たり前のことですが、マンションを購入するにはまとまった資金が必要であり、大きな費用がかかることになります。 特に女性にとっては費用面での負担が大きく、毎月のローンの支払いが理由で生活が苦しくなってしまう場合があります。最悪の場合には支払いができなくなり、せっかく購入したマンションを手放すことになる場合があります。 女性がマンションを購入する上では、十分払えるような資金があるかよく考えておかなければなりません。

    気軽に住む場所を移動することができない

    マンションを購入するデメリットとして、住居を変えることが難しくなってしまうことが挙げられます。 一度マンションを購入してしまうと手放すことがなかなかできず、賃貸のように気軽に住む場所を移動することができなくなってしまいます。どうしても引越ししたい場合にはマンションを売却するという手もありますが、簡単にできることではありません。 仕事で転勤のある方や、住処を変えたい方にはおすすめできません。

    結婚したい気持ちがなくなることがある

    女性がマンションを購入すると、結婚できなくなると言われることがあります。自分にとって快適な住居が手に入ることで生活が充実し、結婚する必要性を感じなくなってしまうことが原因です。 また単身者向けの物件で暮らしていると仮に結婚しても家族で暮らすことが難しいので、結婚への意欲がなくなってしまうことがあります。このような理由で、将来的に結婚を考えている女性は急いでマンションを購入するのは避けた方が良いかもしれません。

    物件がなかなか売れないことがある

    女性がマンションを購入して後悔する理由として、思うようにマンションが売れない場合が多いとことがあります。マンションを購入した後に結婚をすると、不要になったマンションを売却したくてもなかなか売れないことが懸念されます。 結婚して将来的に家族で暮らすことを考えている場合には、マンションの売却は大きな問題になります。結婚願望がある女性であれば、最初から家族層向けの物件を選んでおくという手もあります。

    【年齢別】マンションを購入する女性の特徴

    マンションを購入する女性にはどのような特徴があるのでしょうか。ここからは、女性の年齢ごとにどのような方がマンションを購入しているのか紹介していきます。マンションを購入したい理由には、年齢ごとに生活スタイルからくる違いがあります。

    20代

    20代でマンション購入を考える女性の生活スタイルは、まだ独身で働き盛りであるという方が多いです。自分にとって快適で自由な生活を送りたいと考える方が多く、マンションも独身生活を充実させたいという理由で購入する傾向があります。 また働いている女性が多い年代であるので、通勤に便利なマンションを購入したいという方や、近くに商業施設や駅のある生活のしやすいマンションに暮らしたいという方も少なくありません。

    30代

    30代でマンション購入を考える女性は、結婚している女性であれば家族での生活目的に、独身女性であれば自分の生活を充実させることを目的にマンションがほしいと考えています。 特に結婚して出産を考えている女性の場合、子供と快適に生活できるような物件を探していることが多いです。また30代に入ると年収も増えてきて、マンション購入に十分な資金を持っていることも考えられます。 生活の利便性を重視して、マンションを選ぶ方がほとんどです。

    40代

    40代に入っても働き続けている女性の場合、収入が増加してマンションを購入できるだけの資金を備えていることが多いです。また20~30代の女性と比較して結婚している女性が増え、家族との生活を意識する傾向が強くなります。 既婚女性の場合は、家族との快適な暮らしを重視してマンションを選択することが多いです。一方で40代で独身の女性の場合は、結婚することを諦めて、一人暮らしを充実させられるマンションを購入する人がよく見られます。

    50代

    50代でマンション購入を考える女性は既婚者の方が多く、家族との生活や老後の生活について考えながらマンションを選ぶ傾向にあります。独身の方がマンションを購入する場合も、バリアフリー設備の充実など老後の生活を意識した物件を選ぶことが多くなります。 50代でマンションを購入した場合、ローンの支払いを終える前に定年になってしまうおそれがあるので、収入の少ない方がマンション購入に踏み切ることは少なくなります。 [内部リンク: 50代女性マンション購入]

    【年収別】女性が購入するマンションの特徴

    女性が実際に購入しているマンションにはどのような特徴があるでしょうか。ここでは、年収別に女性がどのようなマンションの購入を検討しているか見ていきましょう。それぞれの年収の女性が検討しがちな物件の特徴についても紹介していきます。

    300万円台

    年収300万円ほどの女性でもマンションを購入することはできるのでしょうか。結論、マンションを購入すること自体は不可能ではありません。 年収300万円の女性がマンション購入を考える理由として、独身で生活できる家を手に入れるいうものが多いです。月々の支払金額の目安は、一般的なマンションであれば5万円程度となる場合が大半です。 これからも働く方がほとんどなので、マンションの立地は駅から近いものが主流です。

    400万円台

    年収が400万円台の女性が購入を検討するマンションは、年収300万円台の女性のものと比べると、室内の広さや防犯設備などの充実したものが多いです。 月々のローンの支払い金額の目安は、10万円程度となります。マンションの立地は駅から近いだけでなく、都心部に近かったり、近くに商業施設があるなど便利であることが挙げられます。 購入する女性の中には独身の方もいますが、結婚予定で家族との生活を見据えて物件を選ぶ女性も少なくありません。

    500万円台

    年収が500万円台の女性が購入を検討するマンションは、ある程度の広さがあって生活しやすいものが多いです。独身の方であれば自分の快適な生活を、既婚の方であれば家族と暮らすのに十分なスペースを重視する傾向にあります。 月々の支払金額の目安としては、15万円前後と考えられます。マンションの立地は、独身世帯なら通勤などに便利な駅の近く、ファミリー世帯なら生活に便利な住宅地などが選ばれることが多いようです。

    Author

    著者

    WOMAN ESTATE 編集長

    杉山 智子

    不動産業界歴30年近いキャリアの杉山智子が考えたシングル女性目線から見た、中古、新築の様々な不動産のメリットとデメリットを紹介しています。

    top