リノベ物件とは?女子に人気の理由や住むための手順についてご紹介!

最終更新日:2022年03月30日

目次

    最近女子に人気な「リノベ物件」とは?

    近年、おしゃれなリノベ物件が多くの女性から高い人気を集めています。 リノベとはリノベーション(改装)を略した言葉で、リノベーション物件とは中古マンションなどを購入して改装し、自分の生活に適した住居として作り替えた物件のことを言います。 リノベーションは壊れた部分だけを手直しする「リフォーム」とは異なり、ライフスタイルに合わせて家全体を自由に改修することを意味します。リノベーションを行うことで、空間全体を自分の思い通りのものに作り替えることができます。 リノベーション物件は一人暮らしや自分らしい生活を送る上でさまざまなメリットがあり、近年では新築の購入や賃貸物件よりも、リノベーション物件を選択する女性はますます増えています。

    女子がリノベ物件に住むメリット

    近年では女性からのリノベーション物件に対する人気が高まっていますが、女性がリノベ物件に住むにはどのようなメリットがあるのでしょうか? リノベ物件にはそれ以外の物件にはない魅力があるので、ひとつずつ紹介していきます。これから紹介するようなメリットに魅力を感じた方は、ぜひリノベ物件に住むことを検討してみましょう。

    自分の好みのかわいい部屋に住める

    リノベ物件のメリットとして、自分の好みに合わせた部屋を作ることができることが挙げられます。 壊れた家具の交換や壁紙の張り替え程度にとどまる通常のリフォームとは異なり、リノベ物件であれば自分の好みに合わせて新しいインテリアなどを導入することもできます。部屋の元々のデザインにとらわれず、自分好みのかわいらしい部屋を作っていくことができるのです。 自分だけの理想の部屋となる物件に住みたいと考えている女性のみなさんには、リノベ物件を選択することをおすすめします。

    自分のライフスタイルに合わせたレイアウトができる

    リノベ物件に住むと、自分のライフスタイルに合わせたレイアウトができます。 具体例を挙げると、料理が好きな方であれば、こだわりを持ったおしゃれなキッチンを作ることができます。また落ち着いた雰囲気の部屋でリラックスしたいと考えている方であれば、他の物件にはないおしゃれな照明を導入することもできます。 その他、見た目だけではなく利便性にこだわりを持ったレイアウトの部屋を作ることもできるので、日常生活をより豊かにしたいという方にもおすすめできます。 このように、リノベ物件を選ぶことで、自分らしい生き方のできる部屋を追求することができるようになります。

    こだわりの素材を選んで豊かな生活ができる

    リノベ物件を選択するメリットとして、自分の好きなこだわりの素材を選んで部屋を作ることができることも挙げられます。 温かみのある部屋にしたい方であれば木材を多く使った物件をつくることができるほか、地域の気候や環境に合わせて、断熱性や吸湿性にこだわった素材を選んで物件を作り上げることもできます。 その他にも、自分が求めるこだわりの素材を徹底的に追求することができるので、自分の思い通りの物件を作り豊かな生活を実現することができるようになります。

    女子がリノベーション物件に住むための手順

    ここまで、リノベ物件にはどのようなメリットがあるのかについてご紹介してきましたが、実際にこれからリノベ物件に住んでみたいという方は、まずどのような手順で準備を進めれば良いのでしょうか? ここでは物件を購入するための準備や、実際に物件を購入する際の選び方のポイント、購入した後にリノベーションを進めていく手順について詳しくご紹介します。

    物件購入のための費用を用意する

    リノベ物件に住むには、まずは物件の購入費用を準備しましょう。 一般的なマンションをリノベーションする場合には、1㎡あたり10万円から15万円程度の費用がかかることになります。リノベーションの総額は、一般的におよそ600万円から1,000万円程度となることが多いです。 リノベーションにかかる費用は、依頼する業者や物件の状態、リノベーションの内容など条件によって変わるので、少なくとも3社以上から相見積もりを取ることをおすすめします。 また費用は少なくとも600万円前後はかかるとみて準備しておきましょう。理想の部屋についてのリクエストがあれば、見積もりの際に相談をしてみましょう。

    中古物件を購入する

    費用の準備ができたら、いよいよ実際に中古物件を購入することになります。理想的な物件を選ぶには、まずは不動産屋やインターネットで物件を探してみましょう。自分の将来設計やライフスタイルに合わせた条件を設定して、それを満たす物件を探してみてください。 物件を選ぶ際には、自分の用意できる資金の範囲内で問題なく購入できるかについて、立地が生活に合っているかなどを確認しておくことが重要です。 また、現在ではすでにリノベーション済みの物件が売りに出されていることも多く、自分に合うものが見つかればそれを購入するという方法もあります。

    リノベーションを行う

    物件を購入したら、実際にリノベーションを行うことになります。 壁や床の見た目を変える張り替えなどのリノベーションであれば、簡単なDIYで自分でできることもあります。ただし、配管や柱を移動させたり取り除いたりといったリノベーションを行う必要がある場合には、専門的な技術のある業者に依頼することをおすすめします。 このような作業は無理に自分でやろうとするとトラブルの元になるので、業者に施行してもらうことをおすめします。簡単な作業であれば自分で行っても良いですが、技術に自信がなければ業者に任せてしまうのが安心です。

    Author

    著者

    WOMAN ESTATE 編集長

    杉山 智子

    不動産業界歴30年近いキャリアの杉山智子が考えたシングル女性目線から見た、中古、新築の様々な不動産のメリットとデメリットを紹介しています。

    top